ぷろと☆カルチュアーレ

QR(Mobile)

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Player

66件中   6 - 10 件表示 ( 全 14ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

幸福な音

こんにちは。

車で出かけた折に、ステレオからマクロスの音楽がかかりました!!

やっぱ高まりますね。

それにしても、もう何度も何度も聞いたり、演奏したりしてると夢中になって夜も眠れません…。


オカルト的に読み解くサヨナラノツバサ



やはり映画「サヨナラノツバサ」のクライマックス、メドレーの後に

「翼に風を、銀河に歌を」

からのー、畳み掛けがたまりませぬ。


サヨナラノツバサのけだるい9度のイントロが始まるとシェリル、ランカの衣装がフォーマルっぽくなる。このへんでもうものものしさが存分に!曲は長いけれどすごくシンプルな構成で、長さの原因は「真空」っぽい間奏と執拗なサビの繰り返し。

EとG#mで繰り返されるサビはどちらも主調ではないです。メジャーの和音で主調でなければ大抵4度メジャー。4度と平行6度の繰り返しです。6マイナーはキーの平行調なので音は一旦まとまりますが主調にはなりえません。聞いてても演奏してても音を解決したくてしたくて終わると物足りなさが残るのはこのため。何度もやりたくなるんです☆どうせ解決しないのに笑

アルトが一番肝心な言葉をだしたとき、モゴモゴモゴモゴーって埋もれます。セリフも解決しないのです。

サヨナラノツバサっ♪の部分はドミナント偽終止。映画見てるとこの間はドキドキして心臓が止まりそう\(^o^)/



セリフは何がでるのか?音はメジャーマイナーどちらの解決するのか?



結果は、、、、

キーに戻ろうとするバイオリンは、ハッとするように主音に跳ね返される。何度もキーにいくためのトライも浮遊したまま。セリフもゴニョゴニョ…。Bメジャーにハッピーに行ってほしい期待と、もし暗い何か変な音にいく怖さを残したまま4度メジャーで終わります。

「愛してる」というメロディは実はB音で終わっています。本来は主音なのにサウンドの中ではドミナント5度として。

「愛してる」は結論でなくまだドミナントという期待音でした。なんて泣けるんだ?



その後、シェリルが眠るなか、とてもあたたかい音が生まれる。


ここでBメジャー。ずっとずっと探してた、待ち望んだ音です。


バラード「ホシキラ」でやっとこの長編映画の堂々たるクライマックス、そしてエンディング。また泣ける…。


このホシキラがかかると画面はスタッフロール。ここで涙がでるとは…。

この曲のサビも4-6で構成されています。曲調こそ違うもののキーも構成も同じサビです。G#mの平行6度で終わろうとするとすかさずベース音がかわりBメジャーにスルりと。くどいようにG#mは必ずBに導かれます。まるでBメジャーという幸せの楽園に引き入れるようです。悟ったような、空想のような。しかし、それまで長い長い経過のおかげで本来は必然にBにいくはずなのですが、自然に移行してるのではなくどこか誘導してBに持っていっている感が否めません。


まだホシキラは経過なのか。

その後にシュディスタというアップテンポなナンバーがかかります。

この曲は揺らぐことのないB調です。


ホシキラの最後の「星がきらり…」と同じ音とは思えないくらいエネルギッシュ。


ここでやっと

「翼に風を、銀河に歌を」

が実現されたのかなと思いました☆

2013-04-03 17:12:59投稿者 : KOMO

ぷろカル2012年後半~2013年初頭の歴史

こんばんは、ギターのKOMOです。しばらくぶりです。


バンドが始動してます。ライブから半年経ってしまいましたが今までの流れを簡単に。

8月にライブをしたあとは個人の事情は置いておきまして11月に集まって音合せをたっぷり行いました。その時は曲もたっぷりやりました。
11月11日音合せ

・サヨナラノツバサ
・イゾラド
・アナタノオト
・ホシキラ
・永遠
・ノーザンクロス
・インフィニティ#7
・トライアングラー
・What'bout my star?

バンドのレパートリーが増えました。これだけの曲を演っておけばたくさんの課題ができて自主練習にはよいと思いました。どの曲を演奏しても同じ作家だからかほとんど同じにおいを感じます。

このバンド、この時点で1年半くらいでしたがやっとはっきりとつかめる何かを実感しました。聞いていて盛り上がるところと弾いていて盛り上がるところが案外違うのです。そんな箇所を譜面にチェックしながら終えました。やっぱ客席と一緒に盛り上がりたいですからね。

そして12月に向けて準備が始まります。

新しいキーボート&プログラミングにKaji君を呼びました。その感触を確かめるために12月にバンドで集まります。


12月9日ぷろと☆カルチュアーレ・セッション

・ライオン
・トライアングラー
・ダイヤモンドクレバス
・ユニバーサルバーニー
・サヨナラノツバサ
・虹色クマクマ
・星間飛行
・射手座午後九時Don't be late

終了後、7時間以上懇親会をやってた記憶があります。演奏はもとより大事な大事な空気感を共有することができました。

この後はタイミングもあったし、あとは私の家庭の事情でバンドには間をあけてしまい迷惑を掛けました。

再開は年が明けて3/17になります。

この日はセッションではなく名目はリハーサル。ライブも日にちこそ決定してないですがきちんと時期を据えての練習。選曲は上の楽曲から7曲くらいです。鍵盤Kaji君と個人練もこなしてのリハ。

イメージトレーニング、個人練習と積み重ねたものが多くかなり腕がなりました。音としてどれだけ出せたかは自分以外の人に感想を聞かないとわかりませんが、自分ではニヤリとできる部分が数多くありました。そしてメンバーのスキルアップもハンパなかった。なんか緊張感がいい。この感じ、テンションがどんどんあがります。これはわしもっと頑張らないとイカンです。

一言でいうとバンドの音がタイトになりました。

音やリズムがタイトなバンドは大抵ベーシストやドラマーの発言力がでかいのです。ぷろカルでリズム隊二人の権力が強大化しないようにより一層がんばります。

戦えるメンバーで近々ライブを☆


メンバーが全員同じ場所にそろっての乾杯は久しぶりでした☆今後も読者の皆様よろしくおねがいします。

言葉を選ばなくて構いませんのでバンドに対してご意見いただけるととても嬉しいです。


※ここから宣伝ごめんなさい※

Twitterをやってます。バンドのアカウントも個人のアカウントもあります。健康にやってると思うので(笑)ぜひぜひ交流しましょう!他、メンバーもリンク貼ってありますのでお気軽にフォローください。ドラムのねたはメンバーのmixiから水道橋ゼミナールというコミュニティ(巧みなカモフラージュです)をたどってメッセージをおくってください!!

ときどき音楽のことをこみ上げてはブログに書くことがあります。個人ブログKOMOismもよろしくね。http://ameblo.jp/komoband/

2013-03-27 19:38:02投稿者 : KOMO

連載:Kajiの同期音源制作日誌(第二回)

はい、おはようございますm(_ _)m

連載の割に更新が遅いといわれそうですが勘弁して下さいw
アキバ行ったりアキバ行ったりで忙しくて…

そんなこんなで行ってみましょう!
「連載第二回!~俺のストリングスがこんなにベタ打ちなわけがない。~」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで第二回は「俺スト」と題して
ダイアモンドクレバスを題材とした上で
ストリングスの打ち込みを見ていきましょう。

あまりDTMについての知識が無い方でも
なるべく理解しやすいように頑張ります!


ストリングスという楽器の特徴の中でも

和音を演奏するには複数の楽器・人間が必要
音を持続させながら音量変化が可能

ってのが打ち込みで重要になってくる主要なポイントです。


まず①について!

オリジナル表示

これはサビに入る前のBメロの最後の部分です。

最後の1,2小節は和音で構成されてますが
上で書いたように和音は複数の楽器・人間で演奏されてます。

和音を構成する単音が完璧に同じタイミングで発音する、
つまり複数の人間が0.000秒もずれずに同時に音を出すのは
常識的に考えて不可能ですよねw

なので和音を打ち込む場合は基本構成音の発音タイミングをずらします。
特にストリングスの場合は低音弦の方が音の立ち上がりが遅いので
低い音の方が高い音より若干遅いタイミングで発音するようずらせばおk。

あと和音においては構成音の一番頭(トップノーツ)が
基本的に一番響かせたい音になってるので
ベロシティー(強弱)は高い音から順に強く設定します。


次に②について!

オリジナル表示

色んな楽器を考えて見ればわかるのですが
例えばピアノやドラムは楽器を叩いた瞬間が最大音量ですよね。

それに対してストリングスは弓で弦を擦り続けるので
音を途切れさせずに音量変化が可能です。

これをうまく表現できればよりリアリティーが増します!

そこで登場するのが「エクスプレッション」というパラメーターです。
画面の下で波打ってるのがそれで音量をなめらかに変えるものです。

弓が弦に触れた瞬間というのはそこまで大きな音量は出ないので
まずは小さめの音量にしておいてだんだん音量が上がるようにします。
また、弾き終わりで弓が弦から離れる瞬間も音量は下がるので
その部分ではまた音量を下げてやるとよいですね。

要するに音量が山形に変化すればいいってことです!


ほんとはもうちょいポイントがあるのですが
あまり文章が長くても退屈だと思うので(笑)、
実際に音源を聴いてもらいたいと思います。

同じフレーズが三回流れますが、

①ベタ打ち(ただただ楽譜通りに打ち込んだだけ)
②上記+αストリングスならではの表情をつけた状態
③さらに②にコンプレッサー、EQ、リバーブ等の処理を加えた状態

となってます。

http://piapro.jp/t/atPX

いかがでしょうか?

①はいかにもコンピューターミュージックという感じで
②、③になるにつれクオリティーが上がってくると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで第二回はこんな感じで書かせてもらいました!

自分で読み返しても稚拙で長い文章だと感じましたが、
これでもかなり削って書いてるんです…w

ダイアモンドクレバスですが
ストリングス以外にもモーショナルなパッドやベル等
なかなか打ち込みがいがある曲となってます。

マクロスFのバラードでは個人的に一番好きですね♪

それでは今日も一日、リリカル☆マジカル頑張ります!


2013-03-02 12:42:02投稿者 : ぷろと☆カルチュアーレ

連載:Kajiの同期音源制作日誌(第一回)

皆さま、こんばんはm(_ _)m

昨年末にぷろ☆カルに新規加入しました鍵盤/打ち込み担当のKajiです。
ぷろ☆カルの中では未熟者ですが今後ともよろしくお願いします。


さてさて…
年も空けたのにブログの更新が止まったままで寂しいですねw

3月中旬には活動再開するのでその頃にはまた更新が始まると思いますが
それまでのバッファとして自分が何回か連載を書かせてもらおうかと思います。


名付けて「連載:Kajiの同期音源制作日誌」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一回目の今日は「そもそも同期って?」
という話について書いていきます。

アニソン(特にマクロスFなど)の曲って
ピアノパートに加えストリングスやブラス、SEなど
他のジャンルに比べて非常に音色が多いですよね。

そうしたアニソンをバンドでコピーする際、
鍵盤担当はリアルタイムで弾けないパートを適宜間引いて
バンドアレンジで演奏するのが一般的でしょう。

ただ…
一部のマニアックな思想を持つバンドの人たちは
完コピにこだわって全ての音を再現しようとします。

そうした際に用いるのがいわゆる「同期」です。

これはあらかじめPC上のDAW(作/編曲ソフトウェア)で
足りないパートを打ち込みで作っておいてMTR等に録音し、
その録音と実演奏のテンポがずれないようにするために
ドラマーが録音と同じテンポのクリック音を確認しつつ
実演奏に加えて録音を流しながら演奏する手法です。

つまり同期(=シンクロ)というのは
実演奏と録音のテンポを同期させるという意味です。

これを使えば確かに原曲の再限度を上げることができますよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単な説明ですが同期演奏とは何かがおわかりいただけたでしょうか?

要するにぷろ☆カルでもこの同期演奏を行なっており
自分がその打ち込み音源を制作する過程を
写真や音源を交えて紹介していくコーナーってことです。

ちなみに制作現場はこんな感じになってます。↓

オリジナル表示

オリジナル表示

次回以降は具体的な曲に焦点を当てて
打ち込みや実演奏のポイント、小ネタ等をお話していく予定です。

それでは今日も一日、リリカル☆マジカル頑張ります!

2013-02-27 01:51:56投稿者 : ぷろと☆カルチュアーレ

新しいエナジーを迎えて。

こんばんは。

取り急ぎ、、、、結構遅いけど\(^o^)/


ぷろと☆カルチュアーレに新戦力



キーボード(兼プログラミング)さんが参加です。

めっちゃかわいい男子やねん!!

Kaji君。アーティスト名を大文字にするか小文字か、変化していくと思います。

広いジャンルにわたって数々のバンドで活動中、その中でスケジュール調整してやっとセッションできました。スタジオセッション後の長時間宴会も余裕の表情でした。自己紹介とかしたの久々だった(笑)


機材が充実していて、スタジオのロビーは楽器陣の荷物がすごいことになってました。行商と勘違いされてたくさん声を掛けられました。

とにかく、長いバンド休養期間にはこんな話が進んでいたりしたのです!文通したり、LIVE見に行ったりと。



年内はスタジオ入りはありませんが、また年が明けてからタイミングを見て新しいスタートが切れます。もちろんスタートダッシュで飛び抜けるつもりです☆

新しいエナジーを注入し、新しいライバルになって、バンド内でどんどん刺激しあえればこんなうれしいことはないです。最終的にそれがLIVEで昇華できるようにより一層研鑽していきます。

7人になったぷろと☆カルチュアーレを今後共よろしくおねがいします。

(記念写真とればよかったな)


前回リハまでのおまけ画像です。

秋はボーカル二人の生誕を祝いました。

Tomoのケーキは花火がついててビビりました!


みさきランカ・リーはオープンしたばっかのスタジオで。


kaji君も11月が誕生日とのこと。

皆さんおめでとう☆







2012-12-14 20:06:11投稿者 : ぷろと☆カルチュアーレ
66件中   6 - 10 件表示 ( 全 14ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...