ぷろと☆カルチュアーレ

QR(Mobile)

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Player

連載:Kajiの同期音源制作日誌(第二回)

はい、おはようございますm(_ _)m

連載の割に更新が遅いといわれそうですが勘弁して下さいw
アキバ行ったりアキバ行ったりで忙しくて…

そんなこんなで行ってみましょう!
「連載第二回!~俺のストリングスがこんなにベタ打ちなわけがない。~」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで第二回は「俺スト」と題して
ダイアモンドクレバスを題材とした上で
ストリングスの打ち込みを見ていきましょう。

あまりDTMについての知識が無い方でも
なるべく理解しやすいように頑張ります!


ストリングスという楽器の特徴の中でも

和音を演奏するには複数の楽器・人間が必要
音を持続させながら音量変化が可能

ってのが打ち込みで重要になってくる主要なポイントです。


まず①について!

オリジナル表示

これはサビに入る前のBメロの最後の部分です。

最後の1,2小節は和音で構成されてますが
上で書いたように和音は複数の楽器・人間で演奏されてます。

和音を構成する単音が完璧に同じタイミングで発音する、
つまり複数の人間が0.000秒もずれずに同時に音を出すのは
常識的に考えて不可能ですよねw

なので和音を打ち込む場合は基本構成音の発音タイミングをずらします。
特にストリングスの場合は低音弦の方が音の立ち上がりが遅いので
低い音の方が高い音より若干遅いタイミングで発音するようずらせばおk。

あと和音においては構成音の一番頭(トップノーツ)が
基本的に一番響かせたい音になってるので
ベロシティー(強弱)は高い音から順に強く設定します。


次に②について!

オリジナル表示

色んな楽器を考えて見ればわかるのですが
例えばピアノやドラムは楽器を叩いた瞬間が最大音量ですよね。

それに対してストリングスは弓で弦を擦り続けるので
音を途切れさせずに音量変化が可能です。

これをうまく表現できればよりリアリティーが増します!

そこで登場するのが「エクスプレッション」というパラメーターです。
画面の下で波打ってるのがそれで音量をなめらかに変えるものです。

弓が弦に触れた瞬間というのはそこまで大きな音量は出ないので
まずは小さめの音量にしておいてだんだん音量が上がるようにします。
また、弾き終わりで弓が弦から離れる瞬間も音量は下がるので
その部分ではまた音量を下げてやるとよいですね。

要するに音量が山形に変化すればいいってことです!


ほんとはもうちょいポイントがあるのですが
あまり文章が長くても退屈だと思うので(笑)、
実際に音源を聴いてもらいたいと思います。

同じフレーズが三回流れますが、

①ベタ打ち(ただただ楽譜通りに打ち込んだだけ)
②上記+αストリングスならではの表情をつけた状態
③さらに②にコンプレッサー、EQ、リバーブ等の処理を加えた状態

となってます。

http://piapro.jp/t/atPX

いかがでしょうか?

①はいかにもコンピューターミュージックという感じで
②、③になるにつれクオリティーが上がってくると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで第二回はこんな感じで書かせてもらいました!

自分で読み返しても稚拙で長い文章だと感じましたが、
これでもかなり削って書いてるんです…w

ダイアモンドクレバスですが
ストリングス以外にもモーショナルなパッドやベル等
なかなか打ち込みがいがある曲となってます。

マクロスFのバラードでは個人的に一番好きですね♪

それでは今日も一日、リリカル☆マジカル頑張ります!


2013-03-02 12:42:02投稿者 : ぷろと☆カルチュアーレ
コメント一覧
コメントはまだありません。